ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸

賃貸住宅に住むとき、2階以上に住むか一階に住むか、迷うところです。双方の利点について書いてみました。

賃貸住宅の階層について

いろんな条件やいろんな場所など、自分の希望に融通がききやすいのが賃貸のいいところです。そのなかで、建物の一階に住むか、それとも二階以上もしくは最上階に住むのか、どちらにも一長一短があって迷うところです。

建物の最上階に住むことは、ちょっとした憧れでもあります。そのため最上階はとても人気があります。もちろん引越しの時や、エレベーターがあってもエントランスのポストまで距離があったりなど、不便なところもないわけではありません。しかし利点も多く、たとえば階上の騒音もありませんし、眺めも良く、風当りや日当たりも良好です。また防犯上も階下よりも安全性が高く、安心して過ごすことができます。

といって、一階に住むことが不利なわけではありません。2階以上や最上階に人気が集中しやすいので、同じ建物でも家賃の相場が割安の傾向にあります。また小さな子供がいる家庭などでは、階下への大きな足音を気にする必要もないので、安心できます。防犯上の心配は上の階よりはあるかもしれませんが、引越しの際も一階は楽にできますし、日常的にも、階段やエレベーターを使わずに部屋への行き来ができますので、便利です。中には、庭が使用できる建物もありますので、敢えて一階に住むこともひとつの選択肢でしょう。

Copyright (C)2018ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸.All rights reserved.