ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸

賃貸物件を借りる場合の基礎知識として1981年の新耐震基準のことや自身の被害のことなどを書いています。

賃貸物件と耐震基準と基礎知識

賃貸物件でもこれからは、耐震基準を満たす物件を選んでいくのは、重要だと思いますが、そのためには耐震基準などの知識も必要ではないかと思います。耐震基準では有名なところでは、1981年の新耐震基準とそれ以前の耐震基準の違いで、建物の地震の時の強度が違ってきますが、今までの大地震では関東大震災、阪神淡路大震災、そしてこの前の東北の大震災の時の耐震性能など関心が持たれました。関東大震災では震度が6から7だそうで、大きな被害がありました。1981年の新耐震基準では、その関東大震災の地震でも建物が耐えることが出来るという基準でしたが、その後の阪神淡路大震災の時にそのことが証明されました。

新しい耐震基準の建物で倒壊した建物がなかったということでです。そうなると私達が賃貸物件を探す場合にも、築年数が1981年以後の賃貸物件だと、大きな地震でも倒壊しないということになります。そのように賃貸物件でも、外面から見てわからないのが構造ですから、築年数で調べてみると安心できますし、それ以後の地震でどうだったかということも知っておくと安心できますので、そのことを調べて転居の条件にすると良いのではないかと思います。

Copyright (C)2018ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸.All rights reserved.