ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸

分譲住宅を賃貸活用している住まいでの暮らしは周辺住民は賃貸暮らしの住民ではないことに気を付ける必要があること

分譲住宅の賃貸暮らしはただの賃貸暮らしでは非ず

賃貸暮らしをするとなるとどこか借りられる住まいを探さないとなりません。その住居探しの条件は家賃や間取りや立地場所など様々でありますが、他に気を付けないとならないのはマンションやアパートなど集合住宅ならば同じ建物内で他の部屋の住民も自分と同じ境遇つまり借家住まいの住民なのか、戸建てならば周辺の戸建ての建物のほとんどが同じ境遇つまり借家として運営されているのか見極めて入居する必要があります。

なぜ周辺の部屋や家が同じ借家として運営されているのか否かを確認しないとならなのかというと、それはそこに住んでいる人の意識差が介在するからです。つまり周辺が軒並み同じ賃貸ならばさほど意識はいないで済むのですが、なかにはもともとそこは分譲住宅であって誰かが購入した物件がある事情で賃貸として活用している可能性もあるのです。しかし周辺の部屋あるいは建物は分譲のままで多額のローンを払いながら長年同じ家族が住み続けているし、そこではマンションならば管理組合が、戸建てにしても地域の自治会コミュニティーが存在していてそれのもとで住民たちの秩序が保たれているのです。そこへいきなり見ず知らずの借り手さんがやってきて自分たちの都合と意識で好き勝手に暮らされたのでは周辺住民から相当険悪な視線になってしまい暮らしにくくなるのは避けられない事態になるからです。ゆえにそのような物件は契約書に書いていなくても不文律が存在することをアタマに入れてクルマを含めて慎重に静かに地味に目立ちにくい生活をしないとならないのです。そしてもちろん管理組合なり自治会なりの例えば定期的な清掃作業とか会合などの行事にも極力参加することも忘れないようにしないとならないのです。

Copyright (C)2018ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸.All rights reserved.