ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸

古い賃貸物件のリフォームに地元の自治体が補助金を出せば、地域の活性化に効果が期待できるでしょう。

古い賃貸物件のリフォームに自治体が手を貸す

街を歩いていると古い賃貸アパートというのをたくさん見かけます。これは地域にもよるでしょうが、すでにほとんど人がいないように見えるアパートが何十年も前からそのままになっているものもあるし、こうした状況は改善されてしかるべきでしょう。もちろんそうした賃貸にまったく需要が無いのなら仕方ありませんが、現実にはアパートへの入居を希望する人の数はかなり多いのだから、やり方次第では再び入居者がたくさんいるアパートに生まれ変われるはずです。こうした古いアパートには特にお金の無い人のための住居を提供して欲しいし、それが入居者を呼び込むコツになるでしょう。

そもそも建物を建て替えたのでは家主の負担が大きすぎるし、部屋だって安く貸すことは到底不可能です。それよりはちょっとした手直しで十分だし、場合によっては自治体がかなりの金額を補助してアパートのリフォームを推奨するという手もあるでしょう。入居者のいない賃貸アパートには価値がないし、それどころか自治体にとって放置物件となるリスクもあるわけです。それならいっそ自治体がリフォームを推奨して、賃貸物件として機能するように手助けしても構わないでしょう。人が住めばその分地域の税収もアップするし、治安の面でもプラス効果が見込めるのだから、補助金に反対する理由は無いはずです。

Copyright (C)2018ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸.All rights reserved.