ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸

最近、事業所兼住居のマンションを賃貸しました。住まい専用とはいろいろ条件が違い、戸惑いました。

事務所を兼ねた住まい賃貸する場合

住まいを兼ねてサロンをオープンする場所を求め、マンションを借りました。私は引っ越し経験は豊富な方ですが、商売を兼ねた場所を借りるのは初めてです。同じ賃貸でも、契約の内容がいろいろと違って、戸惑いました。

まず商売に使うならと、住所専用よりもだいぶ賃料を上げられました。サロンというのは一度にたくさんの人が入ってくることなどないのですが、それでも不特定多数が入ってくるということで上げられてしまいました。また、大家さんがオーナーチェンジの形でその物件を売却する場合に備え、サロン内で性的取引をしないことを書面に書かされました。怪しさがあると物件の売却がしにくくなるかららしいです。これには失礼な感じを受け、憤慨しました。

会社員に比べて自営業は信用がないので、家賃の保証人は保証会社にさせられました。今までは実家の父でオッケーだったので、びっくりしました。しかもその加入料が安くないうえに、一年更新なのです。不払いありきの疑惑の中で契約が進んでいる感じがして、とても不愉快でした。連絡なしに1ヶ月以上留守にしたら即追い出しなど、厳しい条件がいっぱいでした。早く自分の所有マンションを持ち、不快な大家さんと縁を切りたいです。

Copyright (C)2018ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸.All rights reserved.