ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸

賃貸住宅契約までの道のりを理解しておくのが大切です。各種証明書、連帯保証人の準備は早めに準備しておきます。

賃貸住宅契約までの道のり

賃貸住宅の契約にいたるまでの道のりを大雑把でもいいから理解しておきましょう。まずは街の不動産、住宅情報誌、インターネットなどで、これから自分が住みたい住宅をさがします。街の不動産にはたいてい軒先に物件情報が掲示されているので、そこで見つけるのが一番の早道です。住宅情報誌、インターネットなどでめぼしい物件を発見した場合でも、仲介を担当している不動産屋とのコンタクトは必須なんです。余分の手間隙を惜しむ人や、時間がない人たちだったら、地域の不動産屋めぐりがお勧めです。

めぼしい物件が見つかったら、不動産屋さんの事務所に乗り込みます。いよいよ大切な賃貸契約の準備にいるというわけです。不動産屋さんと家賃、物件、転居時期などにつき打ち合わせをしてから入居申し込み用紙に記入します。貸主の入居審査をクリアしなければならないのですが、上場企業に勤務している人あたりでは、その旨を話すだけで合格する場合があります。私のケースでは職場在籍証明書とか給与証明書の提示は必要なかったです。大手企業だったので一発で信用してくれたんです。

貸主側で連帯保証人の署名捺印を求める場合がありますが、賃貸契約上の鬼門となっています。なぜならば、自分の親戚といえども連帯保証人の署名、捺印はなかなかしてくれません。連帯保証人の確保が難しいと感じたら、すぐに家賃保証会社による保証をつけましょう。プレミアムは知れています。

Copyright (C)2018ワンランク上の生活はタワーマンション賃貸.All rights reserved.